こどもの頃のなりたかった職業と大人になってなった職業

"わたしはこどものころ、小学校の先生になりたいと思っていました。どうしてそう思ったかというと、小学校の時の学校の先生がとても優しくてよい先生が多かったからです。また、学校の勉強も得意だったので、なりたいと思ったのだと思います。

だからわたしは大学で教育学部に入りたいと思っていました。しかし、中学生になった時に英語がすごく得意になり、英語を使った仕事をしたいと思うようになりました。そして、キャビンアテンダントになりたいという夢を持ちました。

実際、大学では英語を専攻し、英語漬けの生活を送っていました。そしてわたしが大学を卒業して就職したのは、こども英会話教室でした。そこで講師としてこどもたちに英語を教える仕事をすることになりました。

こどもの頃夢見ていた小学校の先生でもなく、高校時代に夢見ていたキャビンアテンダントでもありませんが、英語を使い、こどもに教えるという点では、ある意味、夢がかなったような気がします。"

評判の高いサイトとなります

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001