プロ野球選手の夢が絶たれてIT企業に就職

" 私は、子どもの頃によく父親とテレビでプロ野球を観戦していたということもあり、小さい頃の夢はプロ野球選手になることでした。

 休みの日には父と良くキャッチボールをしましたし、小学校高学年になる頃にはリトルリーグでショートを守るまでに成長しました。決してバッティングは上手くなかったけれども、その分守備で活躍しようと思い、守備の練習だけは欠かさず毎日していました。

 しかし、そんな私が中学校でも野球部に入ると、ちょっと守備が上手いくらいではレギュラーにはさせてもらえませんでした。そんな日々が続いてしまい、あまり試合に出ることがなくなってしまうと、自分の才能に早くも限界を感じ、高校にあがる頃にはスッパリその夢をあきらめてしまいました。

 その後は、野球とはまったく関係ないIT企業に就職しましたが、そこでは草野球チームがあり、そのチームに属することでまた私の野球熱が復活しました。

 小さい頃に思い描いたプロ野球選手の夢はあっさり絶たれましたが、会社の草野球チームで今度は活躍したいと思っています。"

評判の高いサイトとなります

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001